美容鍼灸専門! 美容鍼、肩こり、腰痛 中野で唯一! 日本美容鍼灸マッサージ協会、認定治療院

哲学堂鍼灸院

完全予約制
ご予約(当日予約可)は
TEL.03-5942-9081

今年も酉の市の時期がやって来ました!

こんにちは! 

東京都中野区、新井薬師前、沼袋の

美容鍼灸の哲学堂鍼灸院です。

 

今日、11 / 5 日 は、酉の市ですね!

ac403749fb384eb63a3e195191823eee_s

酉の市の起源は、

日本武尊( やまとたけるのみこと ) が、

東夷征討からの帰還の際に、

 

足立区花畑の大鷲神社( おおとりじんじゃ ) に

立ち寄り、戦勝を祝しお参りをしたのが、

“ 11月の酉の日 ” であったので、

この日を大鷲神社例祭日=『 酉の祭( トリノマチ )』

とし、

酉の祭( トリノマチ ) の時に 立った “ 市 ” が

『 酉の市 』 の 始まりだそうですひらめき電球

 

熊手の由来は、

日本武尊が武具の『熊手』を、

大鷲神社の前の松にかけて、

戦勝祝いの参拝をしたのが由来だそうですよチューリップ赤

 

そして、

江戸時代には、酉の市で、

“ 頭( かしら )になって出世する ”とか、

“ 子宝に恵まれる ” という 縁起 があるとして、

里芋の一種である 『 八頭( やつがしら )』 や

 

粟で作った餅が黄金色をしていたことから、

“ お金持ちになれる ” として

『 黄金餅( こがねもち )』 という名前で、

縁起物として売られていたそうですにひひ

 

粟には、『 鉄分 』 を多く含み、

“ 腸内環境を整える ” 働きや、

“ 脂肪の代謝を改善 ”する作用があるし、

 

八頭は、“ むくみ ” を改善し、

“ 免疫力を高める ” 作用があるので、

どれも女性にはうれしい効果ですよね音譜

 

ちなみに、

現代まで続いている酉の市で縁起物は、

幕末ころから売られ始めた

『 切山椒( きりざんしょう )』 で、

 

山椒は、葉、花、実、幹、樹皮に至るまで、

全て利用されていて、

捨てる所が無い= “ 有益である ” 

との縁起から売られるようになったそうですひらめき電球

 

山椒は、“ 疲労回復作用 ”や、

全身の新陳代謝を活発にして、

“ 体を内側から温める ”効果があるので、

冷え症を改善して、風邪を引きにくくする働き

があるので、

年末に向けて、元気な体づくりに良いですよクローバーニコニコ

哲学堂鍼灸院  (定休日 木曜)

http://tetsugakudo.net/

美容鍼の体験談は こちらダウン
http://ameblo.jp/mizuki-yogalog/entry-11915810776.html


03-5942-9081

ご予約

施術メニュー

アクセス

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

コメントする

投稿日:
2015.11.05
カテゴリー: