美容鍼灸専門! 美容鍼、肩こり、腰痛 中野で唯一! 日本美容鍼灸マッサージ協会、認定治療院

哲学堂鍼灸院

完全予約制
ご予約(当日予約可)は
TEL.03-5942-9081

美肌とリンパの関係vol.3 リンパの滞りを防ぐ5つの方法とは?

こんにちは!

東京、新宿、中野、新井薬師前、沼袋の

美容鍼灸専門、哲学堂鍼灸院です。

 

第8回

【上田式美容鍼灸®基礎講習 in 東京 中野】の開催

6/10(日)18:00〜  

来年から世界基準の上田式美容鍼灸®︎を使って、少ない鍼で圧倒的な効果を出す事によって、患者様に喜ばれる上に、高単価メニューによって売上も上がって治療院の経営を安定させませんか?

少人数制なので、今すぐお申し込みを!   

https://resast.jp/events/264607

 

そしてなんと、

仙台にて上田式美容鍼灸(R)認定講座の開催が決定!

それに先立ち、上田式美容鍼灸(R)基礎講座を仙台で開催します。

7/1(日) の 15:00~

仙台協立第一ビルにて、限定15名です!

お申し込みは、

https://resast.jp/events/261078

ありがとうございました!

4月28、29、30日に開催された

< 認定美容鍼灸師養成講座【東京第3期】(ベーシック)>はおかげさまで大好評でした

次回の認定美容鍼灸師養成講座は、

【東京第4期】(ベーシック)

7/14(土)、7/15(日)、7/16(月) 開催の申し込み

【仙台第5期】(ベーシック)

10/6(土)、10/7(日)、10/8(月) 開催の申し込み

https://resast.jp/events/263177

 

こんにちは。

今日は、昨日のリンパが滞りやすい理由とは?の続きで、

リンパが滞らないように防ぐための5つの方法をご紹介したいと思います!

 

そもそも、

リンパの流れが悪くなる最大の原因は、

『毛細リンパ管には逆流を防ぐ<弁>がない!』ということです。

 

本来、リンパ管には、

心臓のようなポンプ作用によって、リンパ液を押し流すシステムがないために、リンパ管の内側には、

逆流を防止するための<弁>がついています。

 

さらに、

自律神経からの刺激によって、リンパ管自体が1分間に6~12回くらいの頻度で、規則的に収縮してリンパを押し流す働きがあるのですが、

リンパ管の中でも一番細い『毛細リンパ管』には<弁>がついていないので、皮膚や筋膜・筋肉などが伸び縮みすることで毛細リンパ管を一緒に動かさないとリンパの流れが悪くなって滞ってしまいます。

 

そして、

動かない生活によって皮膚や筋膜が滑らかに動かなくなり、毛細リンパ管にリンパ液が集まらなくなると、

老廃物や余分なリンパが溜まってしまい『むくみ』を引き起こして、末梢神経を圧迫してしまうと、シビレやピリピリとした痛みが出て来ます。

 

その上、

老廃物やリンパが溜まった場所は脂肪の代謝が低下してその場に定着してしまい『セルライト』が形成されてしまうんです (ToT)

 

そこで、リンパの滞りを防ぎ、改善する5つの方法をご紹介します!

【1】歩く

デスクワークなど座っている時間が長い人にとって一番効果的な方法は、

1時間に1回程度を目安に、

トイレやお茶や珈琲を買いに行く程度でもいいから『歩く』ことです!

歩くことによって、座っている時に圧迫される

・そけい部

・膝の裏

・足首

といった重要なリンパ節の圧迫を解放して、リンパを流すことによって、リンパの流れを改善させることが出来ます♪

 

【2】足先を動かす

歩くなど身体を動かすことが出来ない時は、

・足踏み

・つま先立ち

・足首を回す

・足の指をグーパー動かす

など、リンパの流れが一番悪くなりやすい足先の筋肉を動かすことによって、

毛細リンパ管からリンパ管への流れを促進させることによって、リンパの滞りを防ぐことが出来ます。

【3】足を上げる

体内に約<2L>流れているというリンパ液の『約80%』が下腹部を含めた下半身にから流れてくると言われています。

それにもかかわらず、

日中の立ったり座ったりの生活のために、下半身は常に心臓よりも低い位置になってしまうので、リンパ流にくくなってしまいます。

 

そこで、

可能な時には、椅子の上に足を上げたり、横になった時にクッションを足の下に敷いて足を高くするようにすると、リンパの流れを促進して、循環を良くすることに繋がります!

 

【4】リンパ活性腹式呼吸

先程もご紹介したように、普段、リンパ液の大部分を占める下半身は心臓よりも低い位置にあるので、

『仰向けに寝る』ことによって、心臓と下半身の高さを一緒にするだけでも、かなりリンパの流れを改善することが出来ます。

 

さらに、

仰向けの状態で腹式呼吸をしながら、足首の曲げ伸ばしをすることによって、リンパ循環が活性化することができます!

<リンパ活性腹式呼吸法>

① 仰向けに寝て息を吸います

② 息を吸いながらお腹を膨らませると同時に足首を足の甲側に曲げます

③ お腹を凹ませるようにしながら息を吐きます

④ さらに足首を足底側に伸ばして、ふくらはぎの筋肉を収縮させます

⑤ 1~4を10回繰り返すのを3セット行います

 

【5】リンパマッサージ

普段、リンパ管は1分間で10回前後収縮することによって、リンパを左鎖骨下の静脈角へと流しています。

ここに、マッサージを足先から膝へ、そして鼡径部へと上に向かって行っていくことでリンパの流れをさらに加速させることが出来ます!

さらに、

免疫を司るリンパ球の数がマッサージすることによって増え、免疫力upにも繋がるというデータもあるそうですよ♪

いかがでしたか?

リンパの流れが悪くならないための

1.歩く

2.足先を動かす

3.足を上げる

4.リンパ活性腹式呼吸

5.リンパマッサージ

といった5つの方法は、どれも簡単に自分で実践できる方法なので、是非、試してみて下さいね。

 

「自分ではなかなかできなくて・・・」

 

という人は、鍼灸治療もリンパの循環改善に優れた効果を発揮するので、是非、体験してみて下さいね!

 

 

第8回

【上田式美容鍼灸®基礎講習 in 東京 中野】の開催

6/10(日)18:00〜  

来年から世界基準の上田式美容鍼灸®︎を使って、少ない鍼で圧倒的な効果を出す事によって、患者様に喜ばれる上に、高単価メニューによって売上も上がって治療院の経営を安定させませんか?

少人数制なので、今すぐお申し込みを!   

https://resast.jp/events/264607

 

そしてなんと、

仙台にて上田式美容鍼灸(R)認定講座の開催が決定!

それに先立ち、上田式美容鍼灸(R)基礎講座を仙台で開催します。

7/1(日) の 15:00~

仙台協立第一ビルにて、限定15名です!

お申し込みは、

https://resast.jp/events/261078

ありがとうございました!

4月28、29、30日に開催された

< 認定美容鍼灸師養成講座【東京第3期】(ベーシック)>は、おかげさまで大好評でした

次回の認定美容鍼灸師養成講座は、
【東京第4期】(ベーシック)
7/14(土)、7/15(日)、7/16(月) 開催の申し込みはこちら

【仙台第5期】(ベーシック)

10/6(土)、10/7(日)、10/8(月) 開催の申し込み

 

認定美容鍼灸師養成講座の詳しい内容は

こちら⇓

http://j-face.jp/JFACe_nitei

 

 

哲学堂鍼灸院  (定休日 木曜)

ご予約は03-5924-9081  まで!

LINE@→@wpi9267p でも、ご予約可能です

コメントする