美容鍼灸専門! 美容鍼、肩こり、腰痛 中野で唯一! 日本美容鍼灸マッサージ協会、認定治療院

哲学堂鍼灸院

完全予約制
ご予約(当日予約可)は
TEL.03-5942-9081

肝斑とシミは違うの?! どちらも美容鍼で良くなりますか?

こんにちは!

東京、新宿、中野、新井薬師前、沼袋の

美容鍼灸専門、哲学堂鍼灸院です。

 

第11回

【上田式美容鍼灸®基礎講習 in 東京 中野】の開催

11/3(土)  17:30〜  

来年から世界基準の上田式美容鍼灸®︎を使って、少ない鍼で圧倒的な効果を出す事によって、患者様に喜ばれる上に、高単価メニューによって売上も上がって治療院の経営を安定させませんか?

少人数制なので、今すぐお申し込みを!   

https://resast.jp/events/294219

ありがとうございました!

7月14、15、16日に開催された

< 認定美容鍼灸師養成講座【東京第4期】(ベーシック)>は

おかげさまで大好評でした

次回の認定美容鍼灸師養成講座は、

【仙台 第5期】(ベーシック)

10/6(土)、10/7(日)、10/8(月) 開催の申し込み 

【東京  第6期】(ベーシック)

11/23(土)、11/24(日)、11/25(月) 開催

病鍼灸サロン・治療院を成功させる方法

(鍼灸師・医師向けメルマガ)

ダウン  ダウン   ダウン     ダウン

https://resast.jp/subscribe/78403

ー5歳若返って、お友達に差をつけちゃう美容メルマガ♪

(一般向け)  ダウン  ダウン   ダウン  ダウン

https://resast.jp/subscribe/96974

 

こんにちは!

先日ご来院下さったお客様から

次のようなご質問をいただきました。

 

『肝斑とかシミに美容鍼は効果があるのでしょうか?』

 

あなたならどう答えますか?

 

この答えを知るためには、

まずは、

肝斑とシミの違いを知る必要があります。

そもそも、

<肝斑>は、シミの一種と考えられてい流ので、

シミと同じものと思ってしまうのも無理はありません。

 

いわゆる一般的なシミは、

『老人性色素斑』と呼ばれるもので、

肌の老化現象によって、

肌の生まれ変わりであるターンオーバーが遅くなり

 

紫外線のダメージによって、

沈着したメラニン色素が蓄積されることによって、

シミとして色濃く浮き出てしまったものです。

 

老人性色素斑 ( 一般的なシミ ) は、

■  シミの境界がはっきりしている

■  色合いも均一で濃いのが特徴

■  左右非対称

という特徴があります。

 

一方の<肝斑>についてですが、

実は、

確実な発生原因というのが解明されていません!

 

しかし、

妊娠 や 避妊薬(ピル)の服用がきっかけとなったり、

閉経を迎えると、

肝斑が薄くなったり、消えたりする事実があることから、

『女性ホルモンのバランス』が大きく関係していると考えられています。

 

肝斑の特徴には、

■  30〜40代を中心に見られ、50代後半まで続く

■  60を超えてから発症することはほとんどない

■  目の周りや頬骨を中心に左右対称に現れる

■  輪郭がハッキリとせず、色も薄い

という傾向があります。

但し、

肝斑に似た左右対称に現れる、

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)や、

 

老人性色素斑の下に肝斑が隠れているなど、

複数のタイプのシミが同時に現れることがあるので、

注意が必要です!

 

では、

一般的なシミである<老人性色素斑>の治療は

どのようにするのか? というと、

 

多くの場合は、

レーザー治療によって、

メラニン色素が沈着している肌細胞を破壊して、

肌のターンオーバーを促すことによって、

シミを消します。

 

そのために、

シミのある肌の下を鍼で刺激して、

ターンオーバーを活性化させる効果がある

美容鍼も一般的なシミである<老人性色素斑>に対しては、

効果があると言えます!

(但し、レーザーよりも時間がかかります)

 

これに対して、

<肝斑>の治療はというと、

肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れたことが原因と考えられているので、

トラネキサム酸などの内服薬や塗り薬などで治療するのが一般的です。

 

一般的なシミに用いるレーザー治療を

肝斑に行ってしまった場合、

刺激が強すぎることが原因で肝斑に余計な刺激を与えてしまい、

肝斑のシミが逆に濃くなってしまう可能性があるので注意が必要です!

 

ここから分かることは、

あまり余計な刺激を肝斑のシミの部分に与えると、

返って、

肝斑のシミが濃くなってしまう可能性があるために、

 

美容鍼で肝斑のある部分を刺激して、

肝斑のシミの下の肌細胞のターンオーバーを活性化させることは、

避けた方が良いと考えられます。

 

これは、

私が講師を務めている、

日本美容鍼灸マッサージ協会(JFACe)の、

肝斑に対する美容鍼灸の公式見解と一致しております。

 

ちなみに、

最近は、レーザーの刺激を弱くした、

『肝斑専用のレーザー』というものを使っている所もあるそうですよ。

 

という訳で、

シミの治療を美容鍼で行う場合には、

一般的なシミである<老人性色素斑>に対してならば、

時間はかかるが有効であるのに対して、

 

肝斑の場合は、

美容鍼の刺激によってシミが濃くなる可能性があるので、

肝斑のある部位への刺激は避けることが大切です!

 

また、

場合によっては、

肝斑と老人性色素斑が同時に発症している場合もあるので、

 

左右対称で、目の周りや頬のシミの治療に関しては、

まずは、

専門の皮膚科に相談することが大切ですね。

 

 

第11回

【上田式美容鍼灸®基礎講習 in 東京 中野】の開催

11/3(土)  17:30〜  

来年から世界基準の上田式美容鍼灸®︎を使って、少ない鍼で圧倒的な効果を出す事によって、患者様に喜ばれる上に、高単価メニューによって売上も上がって治療院の経営を安定させませんか?

少人数制なので、今すぐお申し込みを!   

https://resast.jp/events/294219

ありがとうございました!

7月14、15、16日に開催された

< 認定美容鍼灸師養成講座【東京第4期】(ベーシック)>は

おかげさまで大好評でした

次回の認定美容鍼灸師養成講座は、

【仙台 第5期】(ベーシック)

10/6(土)、10/7(日)、10/8(月) 開催の申し込み 

【東京  第6期】(ベーシック)

11/23(土)、11/24(日)、11/25(月) 開催

認定美容鍼灸師養成講座の詳しい内容は

こちら⇓

http://j-face.jp/JFACe_nitei

 

 

哲学堂鍼灸院  (定休日 木曜)

ご予約は03-5924-9081  まで!

LINE@→@wpi9267p でも、ご予約可能です

コメントする